色覚対応研究

多配色の路線図デザインにおいても、使用色の厳密な検討により、色名やパターンなど色覚異常のみを対象とした視覚情報を付加することなく、正常色覚と共用できるデザイン成果を得ることができ、えきペディアMAPと路線図に適用導入されています。

色覚対応研究については、こちらのリンクからご覧いただけます。

案内情報の色覚バリアフリーへのデザイン対応における手法と評価について